会社概要

理念

沖縄の豊かな食文化を創造する

スパム® 、コンビーフハッシュ、ビーフシチュー…。戦後、アメリカからもたらされた様々な缶詰。これらは沖縄の食生活を一変させるとともに、やがて、日常的な食材として人々の間に根づいていきました。こうした時代背景のもと、沖縄と、創業100年を越えるアメリカの大手食品メーカー『ホーメル・フーズ』との出会いから、沖縄ホーメルは生まれました。

1959年に創業し、当初は加工食品の輸入・販売を主たる業務としていた当社は、1966年に自社工場の操業を開始。以来、一貫して郷土の食文化の向上に貢献して参りました。多様化する消費者ニーズに応え、缶詰をはじめ、ハム・ソーセージ製品、レトルトパック、惣菜など、新商品を次々と開発。いずれも家族の常備食として浸透するとともに、沖縄の代表的な加工食品として、近年では県外への出荷も増えつつあります。

豚肉を中心とする、沖縄の食文化。その伝統を踏まえつつ、食を通じて新たなライフスタイルをご提案する沖縄ホーメル。畜産をはじめとする、郷土の産業振興の一翼を担いながら、これからも私たちは豊かな食生活を創造して参ります。

世界水準の品質と安全性

徹底した品質第一主義

「品質こそ生命」を社是とする沖縄ホーメルでは、仕入から製造・出荷に至るまで、徹底した品質管理を行っています。原料には、県産豚肉を中心とする、厳選された畜肉だけを使用。缶詰などの加工品においても、魚肉やマトン、馬肉などは一切使っていません。また、1988年には厳しい審査の末、生活協同組合の指定業者となるなど、安全性についても高い評価を得ています。

特に細心の注意が求められる衛生面では、常に徹底した温度管理と品質検査を実行。さらに世界のブランドとして、アメリカのホーメル・フーズのチェックを毎年受けており、国内法以上に高度な安全基準をクリアしています。

高温多湿な沖縄にあって、安全でおいしい食品をお届けする。そのために、沖縄ホーメルはいかなる努力も厭いません。

会社概要

社名 株式会社沖縄ホーメル
住所・連絡先 〈本社〉
沖縄県中頭郡中城村字当間758
Tel: 098-895-3311
Fax: 098-895-3642

〈石垣営業所〉
沖縄県石垣市浜崎町2-6-28
Tel: 09808-3-3411
Fax: 09808-3-3412
設立 1959年7月23日
資本金 3億5百万円
代表者 代表取締役社長 比嘉 昌治
事業内容 総合食肉加工品製造業
資本・技術提携 ホーメル・フーズ・コーポレーション
及びホーメル・フーズ・インターナショナル社(米国)